タグ別アーカイブ: AGA

頭皮チェックでAGAは早めに食い止めよう!市販の育毛剤も効果あり!?

頭皮の皮脂残りは血行不良が原因で起きて、頭頂部を人差し指、親指でつまんで見てください。頭皮が硬くつまめない時は頭皮状態がよくありません。

こぶしの第2関節でマッサージするよう頭皮をぐりぐりおしましょう。頭皮が健康な状況の方は気持ちいいですが、痛みが強く感じられる人は頭皮が不健康です。

そして、これらは年齢を重ねて起きる現象とは限らず、早くて10、20代の人の間ではげになることがあります。

若くても発症する可能性のあるAGA

中でも多いのがAGA(男性型脱毛症)で、これは思春期以後の男性で早ければ20歳代前半から頭髪が薄くなり、頭頂部、前頭部の毛が軟毛となります。

若ハゲが治る方の主張ですが、若いから健康的生活していると直る・血行不良改善して直る・皮脂詰まりをとれば直るなど。

ストレスがたまれば自律神経が乱れて血管拡張して、血液が流れにくく血行不良に。血液が流れにくいのは血液中栄養も流れにくく髪に栄養が行きません。

若ハゲの原因がAGAの人は、しっかり専用の治療薬を飲み続けることで対策出来るはず。原因をしっかり究明し、それに合う対策をすれば若ハゲ回復できるケースがあります。

間違った対策では効果ない!

間違った方法なら効果が出ないことがあります。髪に良い食べ物を食べても治らない、シャンプーを変えても治らないなどどういうことでしょう?

髪をふやしたければワカメがいいというのがハゲの方の食生活で言われてますが、根拠ありません。

つかってる皮脂を取り除くのにシャンプーを念入りにしていれば帰って髪を傷めて薄毛となることも。いわゆる育毛シャンプーも単独では発毛するわけではなく、あくまで頭皮環境を整えるものとおもってください。

セルフチェックやケアでどうしようもない場合や、どんどんと薄毛が進行していくようならば早めに病院に行きましょう。

また最近では市販でも優秀な育毛剤が増えてきています。個人的なおすすめはイクオスという育毛剤で、サプリメントもセットになっていて比較的安価です。

ただ、効果には個人差があるうえに医薬部外品なので効果は緩やかなので継続することは必須でしょう。イクオス口コミなども参考にしながら検討してみてはいかがでしょうか。

AGAの進行とヘアサイクルの関係性について

9602a3d43d877f6cbb485ec896a37785_s人間にはヘアサイクルという周期があり、一定の期間で髪の毛の生え変わりが行われています。ヘアサイクルは主に成長期、退行期、休止期の3つの期間に分けられ、約6年ほどをかけこの周期を繰り返しています。

もちろん人によって誤差はありますが、通常は成長期(髪の毛が生え太く長く成長していく時期)が4~6年程度、その後成長が止まって退行期に入るのが2週間程度、そして生えてくる新たな髪の毛に押し出される形で抜け落ちていく休止期が3ヵ月程度と言われています。

ですので、髪の毛は毎日のように抜けますが(通常は一日100本程度抜け落ちると言われています)、通常は抜けても薄毛に発展するようなことにはならず、抜けた分だけ新たな成長期の髪が生えてくるようになっています。

ヘアサイクルの乱れが薄毛を引き起こす

では、AGA(男性型脱毛症)はどういった形で薄毛になってしまうのでしょうか?これは、ヘアサイクルの変化を考えると非常にわかりやすいと思います。

AGAが進行し始めると、成長期の期間が徐々に短くなりはじめます。通常は6年程度成長し続けるはずが、3年、1年、半年…といったように成長してもすぐに退行期に入ってしまうため、いわば新生毛が生えても太く長く成長する以前に成長が止まり抜け落ちてしまう、これを繰り返すため薄毛が進行するわけです。

主な脱毛原因はDHTによるもの

原因は主に、男性ホルモンであるテストステロンと、還元酵素である5αリダクターゼが結合して生成される、DHT(ジヒドロテストステロン)がこのヘアサイクルに異常をもたらすと言われていますが、これだけではなく他の要因も複雑に絡み合っていると言われています。

つまりAGAを治療するには、DHTの生成を抑制することをはじめ、ヘアサイクルを正常に戻すことが最も理にかなった方法というわけですね。

薄毛に似合う髪型20選