ニキビに効く市販のビタミンC誘導体化粧水とは?

ニキビに作用するアスコルビン酸(ビタミンC)はアクネ菌の繁殖を抑制しながら、炎症を鎮める作用が強みです。水溶性と油性の2種類ありますが、前者は安定しにくく、酸化がしやすい問題があります。しかし、後者は安定しやすく、効果が持続しやすい特徴があります。ローズヒップから油性のアスコルビン酸を抽出が出来ますが、少しレアな成分です。

水溶性のアスコルビン酸はレモンやグレープフルーツ、アセロラから簡単に得る事が可能です。他にもジャガ芋の澱粉を用いて、化学合成して得る事が出来ますが、リスクは少しともないます。ニキビに対して全てのビタミンCは有効ですが、デリケートな性質が確認される為、化粧品に配合する時には注意しなければいけないです。

しかし、「ビタミンC誘導体」は人工的にアスコルビン酸を改良して、安定化させた有効成分となります。化粧水に配合すると品質の保持にも機能しますが、ニキビに対して特効を示すところは強みです。その成分を配合してある製品を使用し続けていくと、吹き出物の赤みを素早く抑えて、硬化する様に促します。

メリットが目立つビタミンC誘導体ですが、高濃度の有効成分が配合されていると、より一層、ニキビ改善、クレーターが治る様にサポートしますが、値段としては高めになります。化学的なスキルを用いてアスコルビン酸を変化させて、誘導体にする際に使うコストは多めです。理想的な化粧水は安くて効果がある事となります。

ビタミンC誘導体配合のプリモディーネは、高い効果期待できます。まずは、プリモディーネの口コミを確認してみてくださいね!

洗顔のやり方が肌荒れやニキビに関係してる?敏感肌ならではのポイント

洗顔のやり方が肌荒れやニキビ悪影響を及ぼすことがあります。とくに気をつけなければならないのが敏感肌の人です。敏感肌の人は普通肌の人に比べて外的な刺激を受けやすいという特徴があります。

その刺激が肌へのダメージとなり、コラーゲンの生成の妨げになり角質のバリア機能が弱まってしまいます。角質のバリア機能が弱まるとターンオーバーの乱れが生じ、肌細胞の再生がうまくできなくなってしまいます。そのことにより肌環境が悪化してしまい肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

つまり、洗顔による刺激が肌荒れやニキビの原因となってしまう可能性があるということです。それが敏感肌ならではのポイントとなります。

ですので、敏感肌で肌荒れやニキビに悩まされている人は、洗顔のやり方を見直してみる必要があります。まずは洗顔料選びについてですが、肌にやさしい無添加のものが良いでしょう。

泡立てネットやスポンジなどでしっかりと泡立てて弾力のある泡をたっぷりとつくりましょう。泡の弾力を利用してやさしく毛穴の汚れや皮脂や古い角質を洗い落としましょう。ゴシゴシと擦るように洗うと肌へのダメージとなってしまいますので注意が必要です。

冷たい水だと皮脂が落としにくく熱いお湯だと肌に必要な皮脂まで落としてしまうことになりますので、ぬるま湯を使用するのがベストです。泡を肌に残さないようにしっかりと洗い流すことが重要なポイントとなります。

洗顔後はしっかりと保湿をして角質のバリア機能を高めて肌荒れやニキビが生じにくい健やかな肌環境に導きましょう。

お肌に負担をかけないためにも保湿にはオールインワンゲルのメディプラスゲルなどがオススメです。擦る回数が激減するので負担が減りますからね。

まずは、メディプラスゲルの口コミをチェックしてみてください。愛用者の口コミが一番説得力がありますからね!

参照 【辛口】メディプラスゲルのリアルな口コミ~評価が低いのはホントだった!?