目元のしわの部分にハリが出てきた!アイキララのリピーターが増加中!

睡眠不足というわけではないのに目の下のクマのようなたるみが取れない、コンシーラーやファンデーションを厚塗りしても全く隠しきれていないといった悩みをお持ちの女性の方も多いのではないでしょうか。

実はこういった目元のしわなどの原因は加齢により、皮膚が痩せることによって起きるものなのでいくら外側から隠しても内側からのハリが失われていくことが原因なので、内側からケアをしなければ意味がないのです。

そこで調べてみるとアイキララという商品を発見しました。

アイキララはMAGというコラーゲンをサポートする働きをもつビタミンC誘導体の一種が含まれています。この成分によって皮膚の内側からハリや弾力を活性させるのです。

アイキララの口コミを見てみると、スティック状になっていて先端からクリームが出てくるようになっているのでちょうど1回分の適量がでる形状になっています。

その為、大きなケースに入ってるものと違ってクリームを取りすぎたり手がベタベタになって使いにくいということもなさそうです。

その他の口コミでも、朝晩のたった2回の使用だけで良いという声がありました。

朝の洗顔後に1回と夜のお風呂上がりの1回ささっと塗るだけで効果が出るのだそうです。

働いている女性や、忙しい主婦の方など時間に追われているとついついケアを怠りがちになってしまったり継続することが難しく途中で辞めてしまうこともあると思いますが朝晩の2回なら簡単に続けることができそうですよね。

美しくなる為のファンデーションもニキビの原因になることもある?

ファンデーションはメイクの基本であり、顔全体という広い範囲に塗る、欠かすことのできないメイクアイテムです。肌を美しく見せる為に使うものですが、それがニキビの原因になることもあります。

ファンデーションの種類の中で、カバー力の大きいとされている順は、1番目にクリームタイプ、2番目がリキッドタイプ、そしてパウダータイプと続きます。カバー力が大きいものほど油分が多く使われており、その油分の変質を防ぐ目的で防腐剤も入っています。さらに、強い密着力で肌を覆うので、肌への負担も大きいといわれています。

また、ニキビは毛穴と深い関係がありますが、ファンデーションと汗、大気の汚れなどが混ざり合ったものが毛穴をつまらせることで、それをエサとするアクネ菌が増えてしまいます。アクネ菌が元気になる手助けをしてしまうことになるので、結果的に、ファンデーションのせいでニキビができるというつながりになります。さらに言えば、塗る時に使うパフも、使った時に付着した皮脂をエサとし、雑菌の住処となっていますので、不潔なパフを使うことがニキビの原因となっていることもあります。

ニキビを作らせないためには、油分の少ないものや、肌に優しいものを使うことをおすすめします。肌への負担が少ないものは、ミネラルファンデーションやフェイスパウダー、ルースタイプなどが良いです。ニキビができている肌でも、比較的負担をかけずに使えますし、症状をひどくさせる可能性も低くなります。

参考記事 ニキビを悪化させるファンデーションの3つの条件?

 

 

わきがや多汗症の方は美容外科で改善?

わきがや多汗症の悩みを改善するために、市販のデオドラント剤を使用したり、制汗剤を使用するという人も少なくはありません。しかし、それらの製品はあくまでも一時的に症状を和らげているだけに過ぎず、根本的な解決策とは言えません。

そこで、根本的に多汗症を改善する方法として、いくつかの治療方法があります。治療については、皮膚科などでも受けることが出来ますが、治療の選択肢の多さや仕上がりの綺麗さなどを考慮した場合には、美容外科に相談をしたほうが良いでしょう。

まず、肌を傷つけること無く、多汗症などを改善したいという場合には、ボトックス注射がおすすめです。注射をするだけですので、日帰りでの施術が可能ですし、傷跡が残るということもありません。ただし、効果は永久的ではありませんので、定期的に施術を受ける必要があります。

半永久的な効果を期待することができるとされているのが、専用のマイクロ波を用いた方法です。マイクロ波を照射することで、汗腺を破壊するという治療法で、一度破壊された汗腺は再生することはありませんので、効果は長く続きます。ボトックス注射同様、メスを使用しない治療法であるため、傷跡が残るということもなく、施術当日からシャワーを浴びることが出来ます。

また、施術時間が短いため、体への負担が少ないという事も魅力の一つでしょう。

いずれも保険適用外の施術ですので、治療費は全額自己負担となります。あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

女性用育毛剤オススメ商品を全部試して徹底比較

女性用の育毛剤にも色々な種類がありますので、どれでも良いというわけではありません。自分の症状に合わないものを使っても効果は限定的ですので、原因の沿ったものを選ぶことが大切です。

女性用育毛剤を徹底比較してみると、やはり女性ホルモンを補うタイプは効果に優れていますので人気も高いようです。

ホルモンバランスはいつも一定というわけではなくて常に多少の変動が起こるものですが、その変動の幅が大きくなった時に薄毛の症状が現れます。

若くても起こり得るものですが、加齢と共に起こった症状は何もせずに改善するというのは難しいので、女性ホルモンを補う方法を考えなければなりません。

他にも、頭皮の保湿を行ったり血行を改善してくれるようなタイプはオススメです。女性は皮膚が乾燥することも多く、冷え症の人は全身の血行が悪くなって頭皮も滞りがちになります。

頭皮の血行が悪くなると摂取した栄養が隅々まで運ばれなくなりますので、栄養不足に陥った毛根は細胞分裂のスピードが低下して髪の毛の成長や生成に影響が出始めます。

このような女性特有の薄毛の原因にアプローチできるような商品には根強い人気があり、効果も出やすいようです。

口コミを知ることも大事ですが、自分で試して様子を観察することも重要です。少なくとも3ヶ月以上は変化を見るようにします。