足の水虫を予防する基本的な方法?

足に水虫が出来ていると、皮がはがれていたり指の間がジュクジュクとただれていたりして、なかなか人前で素足になることができませんよね。

足が水虫だなんて、特に女の子であれば、絶対に人に知られたくありません。

足が水虫だと、臭いがきつくなる事も多いですから、靴をぬぐことすらためらわれます。靴の中で足は痒くてむずむずするし、本当にやっかいな病気です。

 

水虫は湿ったところが大好きなので、足に水虫ができたら本当は素足で過ごすのが一番なんですが、現実にはそんな訳にはいきませんし、水虫の足ではミュールも履けませんよね。

皮靴、ブーツ、パンプス、ストッキングと足が蒸れてしまう原因だらけの現代社会。

せめて外出から戻ったら、すぐに足を綺麗に洗って良く乾燥させ、できるだけ素足で過ごすようにしたいものです。

 

足の水虫を予防するためには、清潔と乾燥が基本。少しでも足を湿気や蒸れから守るように、足水虫対策用の靴下などを使用したり、普段から通気性の良い素材のソックスをはくように心がけて水虫の症状を抑えたいものです。

水虫対策のためにも、臭いや蒸れを軽減するためにも、靴は毎日同じものを履かないことも大切です。

一日履きっぱなしだった靴は、しっかりと乾燥させて、良く休ませるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です