ニキビの炎症に効果のあるテラコートリル軟膏って?

ニキビとテラコートリル軟膏

 

テラコートリル軟膏は、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、蕁麻疹、化膿性皮膚疾患に効果があるとされています。

また、炎症を起こしたり、膿を持って痛みを伴うようなニキビにも効果があると言われています。

 

テラコートリル軟膏は、ドラッグストアなどで800円くらいで販売されているため、比較的手軽に手に入れることができる薬です。

有効成分として配合されているのは、オキシテトラサイクリン塩酸塩とヒドロコルチゾンです。

 

オキシテトラサイクリン塩酸塩は、皮膚に塗布すると、高い殺菌効果を発揮します。

そして、ヒドロコルチゾンは、ステロイドの一種で、炎症を抑える効果があります。

 

ステロイドは通常は顔には使用できませんが、ヒドロコルチゾンはステロイドの中でも最も弱いレベルのものなので、顔にも使用することができます。

しかしながら、ステロイドは副作用をともなうため、常用的な使用は控えた方が良いでしょう。

 

ですので、予防目的に使用するのではなく、あくまでも炎症や化膿を起こした時に炎症を鎮めることを目的として、一時的に使うと安全に使用することができます。

使用方法は、1日1回から数回ほど、炎症や化膿を起こしたニキビに塗布するだけです。綿棒などを使用すると、衛生的に塗ることができます。
テラコートリル軟膏は、べたつきのある黄色いクリームで、就寝前に使用すると枕カバーなどを汚してしまう可能性があります。
ですので、就寝前に使用するなら、塗布してからガーゼや絆創膏で覆うと良いでしょう。

軽度の炎症であれば、数日くらいで効果があらわれますし、化膿したニキビでも2週間くらいで改善します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です