ニキビに効く市販のビタミンC誘導体化粧水とは?

ニキビに作用するアスコルビン酸(ビタミンC)はアクネ菌の繁殖を抑制しながら、炎症を鎮める作用が強みです。水溶性と油性の2種類ありますが、前者は安定しにくく、酸化がしやすい問題があります。しかし、後者は安定しやすく、効果が持続しやすい特徴があります。ローズヒップから油性のアスコルビン酸を抽出が出来ますが、少しレアな成分です。

水溶性のアスコルビン酸はレモンやグレープフルーツ、アセロラから簡単に得る事が可能です。他にもジャガ芋の澱粉を用いて、化学合成して得る事が出来ますが、リスクは少しともないます。ニキビに対して全てのビタミンCは有効ですが、デリケートな性質が確認される為、化粧品に配合する時には注意しなければいけないです。

しかし、「ビタミンC誘導体」は人工的にアスコルビン酸を改良して、安定化させた有効成分となります。化粧水に配合すると品質の保持にも機能しますが、ニキビに対して特効を示すところは強みです。その成分を配合してある製品を使用し続けていくと、吹き出物の赤みを素早く抑えて、硬化する様に促します。

メリットが目立つビタミンC誘導体ですが、高濃度の有効成分が配合されていると、より一層、ニキビ改善、クレーターが治る様にサポートしますが、値段としては高めになります。化学的なスキルを用いてアスコルビン酸を変化させて、誘導体にする際に使うコストは多めです。理想的な化粧水は安くて効果がある事となります。

ビタミンC誘導体配合のプリモディーネは、高い効果期待できます。まずは、プリモディーネの口コミを確認してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です