美しくなる為のファンデーションもニキビの原因になることもある?

ファンデーションはメイクの基本であり、顔全体という広い範囲に塗る、欠かすことのできないメイクアイテムです。肌を美しく見せる為に使うものですが、それがニキビの原因になることもあります。

ファンデーションの種類の中で、カバー力の大きいとされている順は、1番目にクリームタイプ、2番目がリキッドタイプ、そしてパウダータイプと続きます。カバー力が大きいものほど油分が多く使われており、その油分の変質を防ぐ目的で防腐剤も入っています。さらに、強い密着力で肌を覆うので、肌への負担も大きいといわれています。

また、ニキビは毛穴と深い関係がありますが、ファンデーションと汗、大気の汚れなどが混ざり合ったものが毛穴をつまらせることで、それをエサとするアクネ菌が増えてしまいます。アクネ菌が元気になる手助けをしてしまうことになるので、結果的に、ファンデーションのせいでニキビができるというつながりになります。さらに言えば、塗る時に使うパフも、使った時に付着した皮脂をエサとし、雑菌の住処となっていますので、不潔なパフを使うことがニキビの原因となっていることもあります。

ニキビを作らせないためには、油分の少ないものや、肌に優しいものを使うことをおすすめします。肌への負担が少ないものは、ミネラルファンデーションやフェイスパウダー、ルースタイプなどが良いです。ニキビができている肌でも、比較的負担をかけずに使えますし、症状をひどくさせる可能性も低くなります。

参考記事 ニキビを悪化させるファンデーションの3つの条件?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です