若々しさは目元から。目の周りの小じわ対策

若々しさは目元からですので、目の周りの小じわ対策は、早い時期から始めましょう。20代でも目の周りには小じわができやすく、それは顔の中でも一層、皮膚がとても薄いパーツであるためです。皮膚の薄いまぶたや目の周辺は、それだけ水分ストックが難しく、乾燥の影響を受けやすくなります。顔のほかのパーツよりも、ソフトで正しいケアを必要としており、無理に力を入れるケアは向いてはいません。

皮膚の厚さや皮脂の分泌量も少なく、水分だけではなく油分も少ないパーツです。注目するべきなのは、目の周辺存在をする皮膚の、バリア機能を向上させることです。ほかの肌パーツよりも薄いと言う特徴があるため、潤いで満たしてから良い状態を、できるだけ保持する方向でのケアをしていきます。目元にある潤いを逃さない、優しい保湿の目元ケアをすることで、目の周辺の小じわ対策にもなります。

顔のためのフェイス用のシートパックをするときには、まぶたまで覆いかぶさるようなタイプを選びましょう。目の部分だけくり抜いたパックもありますが、目ともまでカバーできるシートパックにして、顔全体への潤いを満たすお手入れをします。その時に、シートパックの上からは、全体的に食品ラップをして蒸発を防ぎます。シワに直接貼るタイプのヒアロディープパッチもおすすめですよ。まずは、ヒアロディープパッチの口コミも参考にしてみてくださいね。

目元専用のアイクリームは、毎日のお手入れで愛用をしましょう。専用というだけあって、目元の薄い皮膚への保湿力に優れています。アイクリームは目元だけではなく、まぶたの上まで塗るのが秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です