健康肌への道:肌荒れのない健康肌の作り方

ニキビができるなど肌荒れはイヤなものです。肌荒れのない健康肌になるためにはスキンケアを見直すこともありますが、それだけでは改善することはありません。生活習慣を見直すことで健康肌になることが期待できます。

生活習慣で見直しが必要なことは、実はスキンケアなのです。肌に良いと思い続けているスキンケアが間違っていることがあります。使うことで痒くなったり少しでも刺激を感じる場合は、3日以上使ってもイヤな使い心地の場合は使用を中止します。少し使って効果が出ないということですぐに他のスキンケア製品に変えてしまうのも良くありません。肌に異常がないのであれば28日程度は使います。28日は肌のターンオーバーの期間なので約1ヶ月は使ってみることが大切です。クレアル

日常生活で気付かないうちに肌を乾燥させている可能性もあります。肌が乾燥すると肌荒れにつながります。乾燥により肌のバリア機能が低下して角質細胞が反り返って水分の蒸発を引き起こし、有害な細菌などが侵入しやすくなり痒みなどの要因になります。これらの他には紫外線対策が足りない、ストレス、睡眠不足などが考えられます。

肌荒れのない健康肌になるためには、正しいスキンケア、紫外線対策を怠らないことが大切です。また食生活の見直しも必要です。スキンケアで肌荒れは改善することもありますが、体の内側からケアすることも忘れないようにします。栄養バランスのとれた食事をすることは体の健康だけではなく肌にも良い効果をもたらすのです。また良質な睡眠をとったり、入浴でリラックスしたり、ウォーキングなど運動も大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です