金縛りは睡眠障害!

中学生のころに初めて金縛りにあってから、週に2、3回の頻度で体験していました。最初は怖かったけど、今では睡眠障害のひとつということを理解しているし、こんなに何回も体験していると幽霊なんかの仕業じゃないと実感もしています。睡眠障害は睡眠麻痺と呼ばれるものだそうです。眠りにつくその瞬間に息が苦しくなり身体の自由が奪われ、夢の中か現実なのかが分からなくなります。私の場合はその時に猛烈な眠気もあります。怖くはないけど、ひどい時は一晩に何回も起こるため、眠ろうとしては睡眠麻痺になり、一度起きてまた眠ろうとすると再び起こる。それで睡眠不足になることも多かったです。中学生から大学生くらいが頻発していて、特に昼寝をした日やすごく興奮した日、そして決まって仰向けで寝た時に起こりました。昼寝をしないようにしたり横向けで眠るとあまり起こらなかったのでそれで対応していました。大人になってからは急激に睡眠麻痺が起こる頻度は減少していき、今では年に一回あるかないかです。中学生の時は怖かった。そして高校生くらいになると少し楽しんでましたが、年に一回くらいになってしまうと、なんだかつまらないなぁ。という、不思議な感情もあります。でも、ぐっすり眠れるのは助かります。(YOKONEの口コミ